信州上田おもてなし武将隊がご案内する 別所温泉ぶらり散歩 ≪電車内紙芝居付≫のイメージ画像

信州上田おもてなし武将隊がご案内する
別所温泉ぶらり散歩 ≪電車内紙芝居付≫

信州最古の湯、「別所温泉」は「信州の鎌倉」とも呼ばれるほど、古寺古塔がたくさんある温泉街です。
数々の名刹や真田幸村の隠し湯など、由来や伝説など「信州上田おもてなし武将隊」がご案内します。
コースは、武将隊の紙芝居が見られる上田駅発コースと別所温泉駅発の2コースがありますが、
どちらのコースも別所温泉駅からは一緒の行動になります。
ツアー終了地点の北向観音までの約2時間のぶらり散歩が楽しめます。

上田駅

上田駅発コースは、上田駅観光案内所に集合です。
さっそく武将隊が誘導する上田電鉄別所線の電車に乗車!
車輌は、東急電鉄で使用されていたものが多いため、
東急電鉄を利用していた人は懐かしさを感じるかも。
ローカル線ならではのんびりな電車の旅が楽しめます。

車内での武将隊による紙芝居「上田電鉄各駅の旅」

上田駅発コースのお薦めは何と言っても、
車内での武将隊による紙芝居「上田電鉄各駅の旅」が見られること。
各駅の歴史やエピソードを面白楽しく聞いて盛り上がっていると、
あっという間に別所温泉駅に到着です。
塩田平の田園風景が、宮崎駿の「千と千尋の神隠し」のモデル
になっているなんていう話も聞けちゃいます。
いろいろ聞いた話をしたいけどそれは乗ってからのお楽しみ!

別所温泉駅

別所温泉駅に到着。
こちらで別所温泉から参加されるお客様と合流します。
そしていよいよ「ぶらり散歩」に出発です。

将軍塚

駅からすぐの将軍塚は平安中期の武将
「平維茂(たいらのこれもち)」の墓といわれています。
鬼無里村(きなさむら・現在は長野市)の鬼女紅葉(もみじ)を討伐のために派遣され、
北向観音のご加護でようやく打ち取りましたが、
自身もこの地で亡くなったとされています。

常楽寺

将軍塚から右手に常楽寺への長い参道を歩きます。
常楽寺は北向観音の本坊であり、北向観音堂が建立された天長二年(825年)、
三楽寺の一つとして建立されました。
現在も天台宗の別格本山としての地位を保っています。
その昔は、善光寺より格式のあるお寺とされていたそう。

御舟の松

境内には樹齢350年といわれる「御舟の松」や、
北向観音の霊像が出現したといわれる本堂裏の地に、
高さ2m85cmの安山岩で出来た多宝塔(国の重要文化財)などがあります。
鎌倉時代に天台教学の拠点として大いに栄えた常楽寺の歴史を証する貴重な文化財なんです。

安楽寺

安楽寺は鎌倉の建長寺などと並んで日本で最も古い臨済禅宗寺院の一つです
。特に有名なのは「国宝八角三重塔」。
木造の八角塔としては全国で一つしかないという貴重な建築です。
建築様式は禅宗様(鎌倉時代に宋から禅宗に伴って伝来した様式で唐様(からよう)ともいう)で、
初重に裳階(もこし)をつけた珍しい形式です。
杉木立の中にシンとたたずむ姿は、こちらの背筋もピンと伸びるよう。
土地の人々に大切に守られてきたことを感じさせてくれます。

真田幸村公 隠しの場

安楽寺には蓮池もあり、夏の季節も楽しみです。
この参道を辿り、北向観音方面へと歩きます。
途中、民間信仰の姿が残る黒門を抜け、
真田幸村公隠しの湯「石湯」へ。
今は温泉街のあたたかい風情を楽しめる場所です。

北向観音

北向観音は、平安時代初期の天長2年(825年)、
比叡山延暦寺座主の慈覚大師円仁により開創された霊場です。
北向観音はその名のとおり北向に建立されためずらしいお堂。
千手観音菩薩を御本尊として現世利益を願います。
それに対し、善光寺は、阿弥陀如来を御本尊にいただき未来往生を願うのです。
江戸時代には、両方のお寺をお参りする両参りがとても流行ったそうです。
善光寺と向かい合っているので、北向の名がつけられたと言われています。

北向観音の手水舎の洗水

ここ北向観音の手水舎の洗水は全国でもめずらしい天然温泉、
あたたかくてホッとします。
境内には他にも、樹齢1200年の霊木「愛染カツラ」や「愛染堂」などがあり、
ゆっくりと見て回りたい場所です。
ツアーはここで終了になります。
あとはゆっくりと温泉に浸かったり、
お土産店などを覗いたりと温泉街の散策を楽しめます。

最後にこのツアーの補足説明をしますね。

このコースは、月曜発(午前)と金曜発(午後)があります。月曜発は、別所温泉に泊まった方に、金曜発は、当日別所温泉に泊まる方に、より別所温泉を楽しく過ごしていただけるメニューになっています。各回10名定員なので、お早目にご予約ください。

プラン概要

設定期間 2016年9月1日~2017年3月31日の月・金曜日のうち指定日
期間除外日 日・火・水・木・土曜日
所要時間 2時間30分
日程表 【月曜日】
9:45集合 新幹線上田駅観光案内所=10:03発 上田電鉄 上田駅(上田電鉄)=別所線乗車(車内で武将隊紙の芝居)=10:30着 上田電鉄 別所温泉駅=10:40発 別所温泉ぶらり散策
=常楽寺・安楽寺(国宝八角三重塔)・真田幸村公隠しの湯12:30着 北向観音

【金曜日】
13:05集合 新幹線上田駅観光案内所=13:21発 別所線乗車(車内で武将隊紙の芝居)=(上田電鉄) 上田電鉄 上田駅=13:49着 上田電鉄 別所温泉駅=14:00発 別所温泉ぶらり散策=常楽寺・安楽寺(国宝八角三重塔)・真田幸村公隠しの湯=15:50着 北向観音
ご旅行代金
(おひとり様)
おとな 2,000円 こども 1,500円
旅行代金に含まれるもの 武将隊ガイド料
上田電鉄散策きっぷ(2日間有効・城下~別所温泉途中下車可)
※拝観料(安楽寺:おとな300円・小中学生100円、常楽寺100円)は旅行代金に含みません。
最少催行人数 1名(最大受付人数10名)
集合場所 新幹線上田駅観光案内所【月曜日】9:45集合 
新幹線上田駅観光案内所【金曜日】13:05集合
取消料

契約成立後、お客様のご都合で 契約を解除する場合、 旅行代金に対してお客様1名につき下記の料率で取消料をいただきます。 なお、複数人数のご参加で、一部のお客様が契約を解除される場合は、 ご参加のお客様から運送・宿泊機関等の(1台・1室あたりの)ご利用人数の変更に対する差額代金をそれぞれいただきます。

3日~2日前 前日 当日 旅行開始後旅行不参加
30% 40% 50% 100%
  • 出発日・コース・運送・宿泊機関等行程中の一部を変更される場合も上記取消料の対象となります。
  • オプショナルプランも上記取消料率による取消料が利用日を基準として別途適用されます。ただし、旅行開始後の取消料は100%となります。
  • ご変更お取消の際は、営業時間内に株式会社観光販売システムズまでお電話にてお申し出ください。
  • 電話番号:050-3775-4727 (営業時間10:00~18:30)
    なお、キャンセルされる日によっては所定の取消料(上記参照)が発生しますのでご注意ください。
取消・変更後の返金について ご返金は、お客様の指定銀行口座に返金(振込)させていただきます。
クレジットカード決済をご利用されたお客様は、各カード提携会社の規則に従って解除が可能な場合のみカード利用を解除します。
お客様都合により返金(振込)する場合は、旅行代金から振込手数料を差し引いた金額をご返金いたします。
(※振込手数料はお客様のご負担となります。予めご了承くださいますようお願いいたします。)
お客様都合による変更・キャンセルで、クーポン券類やチケット類の交換、返品につきまして、送料等はお客様のご負担となります。
注意事項
  • 常楽寺、安楽寺の拝観料は各自でお支払いください。
    (常楽寺100円・安楽寺おとな300円/小中学生100円)
  • 新幹線上田駅観光案内所で、クーポンの受領および特典クーポン・別所線沿線ガイドブック等のお渡しをします。
  • 別所温泉ご宿泊のお客様は、上田駅でお宿までの手荷物配達サービスが受けられます。詳しくは係員にお尋ねください。
  • 別所温泉駅で手荷物お預かりサービスが受けられます。詳しくは係員にお尋ねください。
  • 上田電鉄散策きっぷの途中下車可能区間は、別所温泉~城下間になります。
  • 武将隊ガイドは2名でのご案内が基本です。
  • おもてなし武将隊の都合等により設定中止となる場合がございます。予めご了承ください。
その他
企画実施会社

株式会社観光販売システムズ
TEL 050-3775-4727
〒450-0002  名古屋市中村区名駅3丁目21番7号
旅行業登録:観光庁長官登録旅行業第1600号
総合旅行業務取扱管理者:小川達哉

旅行条件書 お申込み前に必ず 旅行条件書 をお読みください。
※旅行条件書を保存するには(画面上部)ブラウザメニューの「ファイル」を選択、次に「名前をつけて保存」を選択します。
保存する場所、ファイル名を指定し、ファイルの種類を「WEBページ、HTMLのみ」もしくは「テキストファイル」にして「保存」を選択します。

信州上田おもてなし武将隊がご案内する 別所温泉ぶらり散歩 ≪電車内紙芝居付≫のお申し込みを、お電話またはwebで受け付けております。

お電話でのお申し込み

050-3775-4727

(株)観光販売システムズ(営業時間 10:00〜18:30)

※上部チェックボックスに同意いただいた方のみお申し込みが可能です。

旅行条件書の書面による入手を希望する方はこちら

※この場合は、書面受け取り後、改めてご予約の手続きをお願い致します。